美容専門学校に入学するメリットを徹底解剖!

実践力が身に付きます

幅広く学べると好評です

服

スタイリストは、ヘアスタイルや衣装などをトータルでコーディネートする仕事です。
活躍の場は雑誌やテレビといったマスコミや芸能関連をはじめ、ホテルや結婚式場などフォーマルなセッティングを求められる現場など実に様々です。
なので、センスだけではなく、深い知識と経験も求められるため、スタイリストになるためには専門学校で幅広くノウハウを学ぶ必要があります。
専門学校ではトータルコーディネートを実現するために、ファッションはもちろんのことメイクやヘアアレンジのほか照明や映像についても学びます。
これによりセンスをより鋭く磨くことができるほか、クライアントの要望をスピーディーに形にするハイレベルな実践力も身に着けることが可能となるのです。
またスタイリスト専門学校の魅力は、ノウハウを学べることだけではありません。
スタイリスト専門学校は幅広い業界にコネクションを持っているので、業界で活躍する先輩から指導をしてもらえることにくわえ就職先も数多く紹介してもらえます。
就職年度にはスタイリング事務所での研修も受けられるので、アシスタントをしながら実際の仕事現場を肌で感じるチャンスも得られます。
このように充実したカリキュラムと支援体制がそろっているので、スタイリストを目指す人に専門学校はとても人気があります。
これからスタイリストを目指す方は、豊富なノウハウと多様なコネクションを有しているスタイリスト専門学校で学ぶことをおすすめします。

作品集制作ができる

洋服

スタイリストとは、芸能界の俳優やモデル、アーティストに服やアクセサリーをコーディネイトする仕事です。
また、メーカーから確実に商品を貸出、返却するのもスタイリストの仕事です。
多くは服飾系専門学校や一般的な専門学校、大学を卒業して、スタイリストデビューを果たします。
必要な資格・学歴は特にないので、異業種からいきなりスタイリストになる人もいます。
スタイリストを目指す人のための専門学校には、スタイリスト科やコーディネイター科が設けられています。
昼間制と夜間制の2種類あり、主に昼間制は学生が、夜間制は社会人が通っています。
ファッション業界の仕組みやスタイリングテクニックを学ぶことができ、実習のカリキュラムも豊富に組まれています。
だいたい2〜3年で卒業しますが、卒業時には作品集の制作をします。
この作品集は、就職の際に自分のセンスを証明するものにもなるので、専門学校に通うメリットは大きいです。
専門学校には入試があり、高校を卒業していれば誰でも受験資格を持っています。
入試形態は大学と同じで、AO入試、推薦入試、一般入試が用意されています。
しかし、大学とは違って、3つの内どれかがなかったり、入試も比較的簡単であったりする所が多いです。
また、大学よりもAO入試や推薦入試、を重視する傾向にあるので、試験勉強の内容が変わってきます。
具体的には、面接や作文の練習が主になるのです。
一般入試は、それらに加えて学力や感覚テストが課されますが、基礎的な内容が多いため、どちらにせよ面接練習に力を入れる受験生が多いです。

2年制または3年制が多い

ウーマン

スタイリストになるには、服飾系の専門学校に入学して、ファッションについて幅広い知識を身に着ける必要があります。
プロのスタイリストとして活躍している人の中には、すべてを独学で身につけた人もいますが、大半のスタイリストは服飾系の専門学校または大学や短大を卒業しています。
スタイリストになりたい場合、「スタイリスト学科」や「ファッション学科」などの名称がつけられた学科やコースのある専門学校を選びましょう。
これらの学科やコースは、2年制または3年制のどちらかがほとんどです。
専門学校の他の学科には、1年間や1年半で卒業できる学科もありますが、スタイリストを要請する学校で、1年で卒業できる学校は珍しいのが実情です。
カリキュラムでは、ファッションの歴史や洋服作りの基本、最新のトレンドやアパレル業界のしくみなどが組み込まれています。
また、現場で役立つ実践的なスキルを身に着けるために、実際の洋服を使ったコーディネートも授業として行われます。
卒業後は、スタイリスト事務所のアシスタントとして数年間働き、そこで経験を積み、その後独立するというパターンが多いです。
ひとくちにスタイリストと言っても、ファッション雑誌や広告業界、映画やテレビなど、それぞれ専門分野があるので、自分のやりたい分野に強い事務所に就職することが大切です。
また、スタイリスト学科を卒業しても、全員がスタイリストを目指すわけではありません。
有名ブランドやマスコミ関連企業に就職する人も多いです。

通信講座のすすめ

チップ

ジェルネイルはポリッシュより細かなデザインが施しやすいですが、その分扱い方が難しいので独学よりも通信講座で基礎を学ぶのが良いです。通信講座なら名古屋にこだわることなく、全国から多種多様な講座を選ぶことができます。色々な講座資料を一括請求できるサイトなどを利用すると、最も効率よく選べるでしょう。

もっと読む

ネイリストには資格が必要

マニキュア

名古屋ではネイリストは人気の職業でサロンも増加しています。ネイリストの資格を取るにはネイルスクールで学ぶことが早道です。ここで検定資格を取ればプロになれます。検定は1〜3級まであり2級を取ればプロとして認められます。ネイルスクールは卒業後の就職先の斡旋などもしてくれます。

もっと読む

実践力が身に付きます

服

スタイリストを目指す方に人気となっているのが、専門学校です。専門学校ではファッションはもちろんのこと、ヘアメイクなど幅広く学べます。また、専門学校に通うことで業界とのコネクションも築きやすいので、就職に役立つと評判となっています。

もっと読む